Category

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

汚れにも強い

家の床は何かと傷や汚れが付きやすいので、フロアコーティングする家が多くあります。おしゃれな家が多い横浜では、新築の時からフロアコーティングして長くきれいな床を維持する人が多くいます。
横浜は、フロアコーティングする需要が多いだけに業者も複数あり、業者を選びやすい環境になっています。フロアコーティングはガラスやUV、シリコン、ウレタンなど色々な種類がありそれぞれ特徴や費用が違います。ガラスフロアコーティングは、耐久性に優れ床の膨張などの変化に対応する特徴があり、ツヤ有りや無しが選べるため家の雰囲気に合わせやすいというメリットもあります。また、フロアコーティングをすると仕上がりまで時間がかかるのでは?と思う方もいると思いますが、UVコーティングなら直ぐに乾燥するため作業完了までの時間が短縮されます。
水や汚れに強い床材は、シリコンフロアコーティングで、撥水効果が高い点や滑りにくいという特徴があり、ペットがいる家庭にも向いている床材です。業者に依頼すると、自分で選んだ種類のフロアコーティングをしてくれますが、業者によって価格や対応内容などに違いがあるので、業者選びも大切なポイントです。ネット上には、フロアコーティング業者の一括見積サイトがあり、複数の業者から見積を出してもらえて比較しながら選べるのでおすすめです。

見栄えもいい

フロアコーティングとは、企業や施設などの床の見た目を綺麗にしたり、保護するための方法の一つです。主要都市部の一つである横浜には多くのオフィスや店舗がありますが、横浜でのフロアコーティングにかかる時間はどれくらいなのでしょうか?
そもそもフロアコーティングにかかる時間は施設の広さによって大きく異なって来ます。例えば数十人程度しか入れないようなオフィスと、大きな商業施設では、施工が完了するまでの時間に大きな差が出てしまうのは仕方ないでしょう。そのため、フロアコーティングを行おうとしている施設の広さを考慮して、施工完了までの時間を計算しましょう。複数社に見積もりを行う相見積もりならば、料金などと共に施工完了までの時間も提出してくれるはずですので、これを参考にして業者を選んでもいいかもしれませんね。
次いで、施工する方法でもかかる時間は変わってきてしまいます。例えばUVコーティングは紫外線を照射することで秒単位で塗装が硬化するため、乾燥にかかる時間はほとんどいらないのです。その反面水性ウレタンでのコーティングの場合、なんと24時間は乾燥に時間を割かなくてはいけないなど、大きく待機時間が変わってきます。そのため横浜でフロアコーティングを行う際は、施工方法にも注意するようにしましょう。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加